新谷 哲也

教員名
准教授:新谷哲也

研究方針と内容

海岸研究室では、沿岸海洋学と海岸海洋工学に関するテーマについての研究を行っています。閉鎖水域の密度境界層の変化に関する研究では風洞水槽に密度変化をつけた成層水塊をつくり、レーザーシートを使っての流速の測定及び可視化解析による濃度変化の解明を行っています。斜面を遡上する内部波についての研究では、PIV+ハロゲンランプシステムを用いての実験を行いながら、砕波や戻り流れ等を理論的に考察しています。東京湾湾奥で発生する青潮、海藻大量繁殖についてはその実態が解明されつつありますが、この現象を水槽実験で再現したり、数値モデルを使って発生予測を行っています。その他、八丈島や大島の磯焼けのメカニズムの解明、波と流れの相互作用に関する研究、米国海洋気象庁の第三世代台風モデルWAVEWATCHⅢを用いた波浪推算などを研究テーマにしています。

修士・博士論文テーマ

* Visualization and numerical analyses for mass transport due to internal waves propagating in a diffusive transition layer of the density-stratified water

*印が付いたものは博士論文テーマ

主な卒業論文テーマ

孤立波の正面衝突時の圧力・流速・波高の変化に関する研究

波直前のストークス波の非対称性

流れ場における孤立波の追越衝突に関する研究

有限振幅波理論を用いた越波時の粒子速度に関する研究