新谷 哲也

教員名
准教授:新谷哲也

研究方針と内容

海岸・海洋工学研究室では,海岸,及び沿岸域,閉鎖性水域における環境と防災に関する研究を行っています.主な研究対象は,成層化水域で発生する内部波およびその砕波,閉鎖性水域における物質輸送,河口域で発生する塩水遡上,沿岸域における波の変形です.研究方法は,室内実験と数値シミュレーションが主ですが,現地観測も徐々に始めています.数値シミュレーションに関しては,有限体積法,有限要素法,粒子法,格子ボルツマン法をベースに独自で流動モデルの開発を行なっています.そのほか,機械学習(LSTM)による河川水位予測や湖上風の予測,SWANやWRFモデルを用いた波浪・気象解析も進めています.今後は,研究テーマを限定せず,諸水域における問題解決に必要とされる知識・技術を積極的に取り入れて研究を進める予定です.

修士・博士論文テーマ

*印が付いたものは博士論文テーマ

主な卒業論文テーマ

東北地方太平洋沖地震における津波浸水被害の要因分析

Discontinuous Galerkin 法を用いた非線形長波方程式の数値解析

時空間方向に可変な数値スキームを導入した SPH 法の開発

2 次モード内部波の質量 輸送及び斜面上の砕波特性

衛星と UAV 熱画像撮影による閉鎖性水 域の水温観測技術の検討

English English Japanese Japanese