大野 健太郎

教員名
准教授:大野健太郎

研究方針と内容

当研究室では,コンクリート構造物の維持管理に重点を置いた研究に取り組んでいます。特に,コンクリート内部の点検・調査手法について,弾性波を用いた手法を軸に検討を行っています。

研究テーマの一部には下記のようなものがあります。

  • 非破壊試験方法によるプレストレストコンクリートの残存プレストレス推定手法に関する研究
  • 蒸気養生下のコンクリートの組織形成過程評価および組織形成阻害要因に関する研究
  • 非破壊試験方法によるトンネル覆工コンクリートの強度推定手法に関する研究
  • アコースティック・エミッション(AE)法の速度変化を考慮した位置標定手法に関する研究

また,上野敦准教授の研究室と共同で実験およびディスカッションを行っており,コンクリートについて幅広く理解できることが特徴です。

詳細は,こちらをご覧下さい。

修士・博士論文テーマ

  • 超音波法によるコンクリートの応力推定手法の開発
  • 衝撃弾性波法による鉄筋 ー コンクリート界面における付着切れ検出手法に関する研究
  • 衝撃弾性波法によるRC部材の鉄筋付着切れ検出手法の基礎検討

主な卒業論文テーマ

  • 伝搬方向の異なる超音波の速度変化率とコンクリートの応力に関する検討
  • 若材齢コンクリートの圧縮強度と弾性波伝搬特性の関係
  • 衝撃弾性波法によるコンクリートダム躯体の水平打継面の不連続深さとひび割れ深さの検討
English English Japanese Japanese